ブログトップ

ドブソニアンで巡る星空

ninja320.exblog.jp

M14球状星団

b0219752_0592764.jpg
M14はM10の北東よりにある球状星団だが、比較的近くにあるM10やM12に比べると周囲に目立つ星が少ないため、ファインダー越しに導入するには、やや骨が折れる対象だ。またM10やM12に比べると、みかけの大きさは一回り小さい印象を受けるが、8cm屈折望遠鏡でもM10やM12よりも明るさが集中しているのがわかる。

32cmのドブソニアンで見ても、やはり個々の星に分離することは難しいが、個々の星の明るさの揃った球状星団であることが十分に感じられる。コリメート撮影の写真では、周辺部に微細な星々が分離されて写っている。そして、眼視では意識しなかったが、写真だと星団の星々の色合いが赤味を強く帯びている。次の観望の折には、色合いにも注目してみようと思う。

M14球状星団
2011年7月5日22時38分- 1.6sec. x 60 shots
撮影地:長野県富士見高原
[PR]
# by Ninja320 | 2011-09-30 01:00 | 球状星団

M33銀河

b0219752_23333410.jpg
M31アンドロメダ銀河を見た晩は、夏の夜にしては比較的透明度が高く、アンドロメダ座のβ星をはさんでM31と反対側にM33があるのは、双眼鏡やNinjaのファインダーでも十分に確認出来た。

期待しながら覗くと、まずは比較的明るい中心部がハッキリと見えて、中心部から淡い星雲が広がっている様子もわかる。しかし、その広がりは非常に淡く、どこまで広がっているのか曖昧模糊としている。それでも、星雲の広がりが楕円というよりも辺縁が不明瞭な長方形のような感じであることや、濃淡があることが、じっくりと向き合ううちに感じられるようになった。しかし、渦巻き構造や、腕の存在を眼視で確認することはできなかった。

写真では強調処理をかなり効かせたためか、思いのほか銀河の腕の構造が明確に写っており、クモヒトデのようなグロテスクな姿になってしまった。

M33銀河
2011年8月5日1時7分- 2.5sec. x 86 shots
撮影地:長野県富士見高原
[PR]
# by Ninja320 | 2011-09-13 23:34 | 銀河星雲

M9球状星団

b0219752_23351493.jpg
M9は比較的明るい球状星団だが、みかけの大きさは小さく8cmでは面積を持った恒星の周辺がボンヤリした程度にしか見えない。しかし32cmの威力は絶大で、たいして倍率をかけないでも明るい光芒の周辺部が微光星から成ることが何となく感じられる。また球状星団としてはほぼ正円形で均整のとれた形であることもわかるが、逆に言うと目立った特徴がなくてあまり印象に残らない球状星団でもある。

写真でも周辺部の星が幾つか分離して写っているが、非常に明るい中心部は一塊になってしまっている。これだけ明るいので、次はもう少し倍率をかけて見てみようと思う。

M9球状星団
2011年7月5日22時10分- 1.6sec. x 71 shots
撮影地:長野県富士見高原
[PR]
# by Ninja320 | 2011-08-28 23:35 | 球状星団

M55球状星団

b0219752_0475498.jpg
見かけが大きな球状星団と言えば、ω星団やM13、M22が代表で、M4も意外と大きく星が広がっていることをドブソニアンで見て知った。そして8cmでも比較的大きな広がりが確認できるのが、このM55だ。はじめて8cm屈折で見た時には、その大きさに驚いた。しかし、星の密度がかなり低いためか球状星団らしい立体的な星の広がりは感じられなかった。

32cmドブソニアンでみると、確かに見かけの大きさは立派で、淡い光芒の中心部に細かな濃淡があって明るい星々が浮き上がって見えている。ω星団と雰囲気が似ているようにも思われるが、ω星団ではマリモのような立体的な質感がヒシヒシと伝わるのに対して、M55は32cmで見ても比較的質感に乏しい。そうかと言って、密集度の高い散開星団であるM11が平面的な感じがするのとは異なり、球状星団としての風合いはある程度感ずることができる。

写真では様々な明るさの星々がかなりクッキリと写っているが、眼視だと暗い星はここまで明確には見えず、もう少し立体感がある。

M55球状星団
2011年7月6日0時49分- 1.6sec. x 70 shots
撮影地:長野県富士見高原
[PR]
# by Ninja320 | 2011-08-25 00:48 | 球状星団

M16わし星雲

b0219752_2350339.jpg
M16の散開星団を見るならドブソニアンを持ち出すまでもない対象だが、星団と重なる「わし星雲」はぜひとも見てみたい。8cm屈折望遠鏡だと、透明度が非常に高い晩に自宅でも星雲の存在が確認出来たことがあるが、たいていは空の暗い場所でも眼視では星雲の存在ははっきりしないことの方が多い。

この晩の空は、この時期としては透明度も高く比較的良い条件だったので、期待して見てみたのだが、S字状に並ぶ星々の片方のループのなかほどが微かに明るくなっていて星雲の存在が感じられる程度で、すぐ近くにあるM17オメガ星雲の本体がクッキリと見えるのとは対照的だった。光芒は円形や正方形よりも長方形であるような感じが何となくあって、その意味では鳥が羽を広げて飛んでいるように見えなくもないが、これをもって「わし星雲」と呼ぶのは無理がある。その光芒はあまりにも淡く、星雲に重なる「ゾウの鼻」と呼ばれる暗黒帯の存在はおろか、星雲の濃淡ですら感ずるまでには至らなかった。

しかし、写真で見ると淡いながらも暗黒帯の存在も確認できる。基本的には、この短時間露光のコリメート撮影で写る対象は、眼視でもなんとか見える場合が多いので、初夏の透明度の高い晩なら眼視でも「わし」のような星雲の概形や暗黒帯の存在が確認できるかも知れない。

M16散開星団
2011年7月6日0時23分- 1.6sec. x 64 shots
撮影地:長野県富士見高原
[PR]
# by Ninja320 | 2011-08-16 23:52 | 散光星雲

M31アンドロメダ銀河

b0219752_1615153.jpg
このところ梅雨の合間に撮りためた散開星団や球状星団が続いて、やや単調な感じがするので、前倒しで撮影したばかりのM31を先に画像処理してみた。

この夏は、スッキリした晴れの晩がほとんどないままに7月下旬から8月初旬にかけての新月期が過ぎていくなかを、右往左往してようやく巡り会えた星空で望遠鏡を向けたのは、夏の星雲星団ではなくM31アンドロメダ銀河だった。M31は双眼鏡や小口径の望遠鏡でも楽しむことができる数少ない銀河星雲だが、32cmドブソニアンだとどんな風に見えるのだろう。

望遠鏡を覗くと、まずは明るい銀河の中心部と視野の片隅のM32が目につく。8cm屈折望遠鏡だと恒星をぼかしたよな感じにしか見えないM32だが、ちゃんと面積を持って広がって文字通り伴星雲らしく見えている。そしてM31本体は明るい銀河の中心部から光芒が視野一杯に横に延びているのがわかる。その明るい楕円形の中心部も実は紡錘形をしており、その周辺部に意識を集中すると何となく不整な変化があることが感じられる。そして、M32が見えている反対側の銀河の縁(写真だと下縁)にクッキリと暗黒の切れ込みが走り、その暗黒帯の外側にも薄らと銀河が広がっている様が確認できた。

画像処理では、コントラストを効かせたために暗黒帯の外側にある銀河の淡い部分が背景に沈んでしまっているが、眼視では非常に淡くではあるが見えており、この写真以上に銀河の広がりを感ずることができた。その一方で、コントラストをつけたことで、明るい中心部の辺縁に不規則な切れ込みがあることがハッキリと写っている。コンデジのF値の関係で、銀河の淡い部分は十分に表現出来ていないが、大口径による高い解像度は、辺縁部の微細な変化を捉えるのには役立っているようだ。

M31アンドロメダ銀河
2011年8月5日1時7分- 2.5sec. x 164 shots
撮影地:長野県富士見高原
[PR]
# by Ninja320 | 2011-08-08 23:49 | 銀河星雲

M25散開星団

b0219752_065359.jpg
M25は、M23に比べるとやや大雑把な感じがする星団だが、個人的には好きな星団の1つだ。これも、普通ならドブソニアンの対象とはならないかも知れないが、望遠鏡を向けてみた。

M23に比べると個々の星の明るさに個性があって、明るい星から暗い星までいろいろと幅があるのが面白く感じられる。それから青白い星とオレンジの星が混ざり合って星団を形成しているように見えるのも楽しい。また、二重星や三重星のように近接している星の組み合わせが幾つかあるのも、なかなか見応えがある。まあ、これらは8cm屈折望遠鏡でも見ることは出来るのだが、32cmドブソニアンだと明るさと解像度に余裕があるので、ゆったりと楽しむことができる感じがよい。

M25散開星団
2011年7月5日21時48分- 1.3sec. x 64 shots
撮影地:長野県富士見高原
[PR]
# by Ninja320 | 2011-08-01 00:07 | 散開星団

M23散開星団

b0219752_0572681.jpg
夏のメシエ天体の散開星団のなかで、M23はM11ほどは密集していないが粒揃いの星々が美しい星団と言えるだろう。その美しさは8cm屈折望遠鏡でも十分に味わうことができる。と言うか、その姿を見るのにわざわざ32cmドブソニアンを引っ張り出すまでもない対象とも言えるかもしれない。

50個ほどの比較的明るい星が緩やかな集団を形成しているが、その背景なのか星団の一部なのかは判然とはしないが、さらに暗い星々がチラチラと輝いている様は、32cmドブソニアンならではの美しさではないだろうか。

写真で見ると、50個ほどの比較的明るい星に加えて、暗い星々がざっと100個余り写っているようだ。この星団を構成する星の数は300個余りとの記載があるので、僅か1.6秒露光の撮影で星団を形成する星々の半分程が写っていることになる。

M23散開星団
2011年7月5日21時20分- 1.6sec. x 60 shots
撮影地:長野県富士見高原
[PR]
# by Ninja320 | 2011-07-31 00:58 | 散開星団

網状星雲NGC6992-5 その2

b0219752_16136.jpg
確かにドブソニアンで見えるとわかったし、前回よりも空の条件も良かったので再度挑戦してみた。今回は、52番星の近くのNGC6960も眼視で確認することが出来た。リボンが捻れるようにして細くなる様子が見えたのには感動した。

そしてNGC6992-5であるが、エビのように曲がった全体像を望遠鏡を動かしながら追うことができるのだが、網状の構造を見ようとすると存在自体が曖昧になってしまう。それでも、一番濃い部分では濃淡があることと辺縁がスパッとシャープであることが(見えるというようりも)感じられた。

写真は、前回の露光時間よりも短くして3.2秒で撮影してみた。かなり増感処理しているので見苦しい画像だが、網状の構造と色調に変化があることが写っている。

網状星雲NGC6992-5
2011年7月5日1時40分- 3.2sec. x 70 shots
撮影地:長野県富士見高原
[PR]
# by Ninja320 | 2011-07-27 01:08 | 超新星レムナント

M80球状星団

b0219752_130231.jpg
M80の密集度はIIと非常に高いため、比較的明るいものの8cm屈折望遠鏡だと恒星の周囲を少しボンヤリさせた様に見えるだけで、球状星団としての魅力に乏しい対象だ。

32cmドブソニアンになると、さすがに30mm接眼レンズでも周辺部分が個々の星に分離されて見えるので球状星団であることは十分にわかる。しかし、中心部は密集度が高くて明るいためか星に分離されにくく、ちょうど8cm屈折望遠鏡で見たM3やM2を一段明るくさせたような印象だ。

写真でも周辺部幾つか星が分離して見えるが、全体としては輪郭がいくらかボンヤリとしているぐらいで、中心部はベッタリとつぶれてしまっている。実際の眼視の方がもう少し球状星団らしく見えている感じがする。

M80球状星団
2011年6月28日22時48分- 1.6 sec. x 78 shots
撮影地:南アルプス市櫛形山山麓
[PR]
# by Ninja320 | 2011-07-26 01:30 | 球状星団